あそこの黒ずみの原因

あそこの黒ずみに悩み、とにかく解消しようと色々やってしまうと逆効果になるリスクもあります。まずは黒ずみの原因を知り、安全に効率よく改善しましょう。

 

黒ずみの原因は誤解されることが多い

女性のデリケートゾーンの黒ずみの原因には、かなり明確な要因があります。しかし、黒ずみの原因がとんでもないところに行き着いていることがあります。それは、「性交渉の回数・頻度が高い」という誤った認識です。

 

結論をいうと、性交渉の回数や頻度とデリケートゾーンの黒ずみとは一切関係がありません。仮にあるとすれば、よほど特殊な方法をとった場合だけです。ですから、デリケートゾーンの黒ずみが気になる女性は、旦那さんや彼氏との性交渉のことは基本的に気にしなくても大丈夫です。

 

まずはデリケートゾーンの黒ずみにまつわる誤解を知ったところで、なぜ黒ずみが起こるのか、その原因からお話していきます。

 

 

あそこはなぜ黒ずむのか?

女性のデリケートゾーンの黒ずみは、大きく分けて2とおり原因が考えられます。

原因1 さまざまな要因によるメラニンの沈着

女性が美容面で気になることといえば、やはりお肌のことでしょう。お肌のお手入れには余念がない女性も多いと思いますが、その際に、お肌の黒ずみが気になる女性も多いはずです。実は、デリケートゾーンの黒ずみもお肌の黒ずみと同じ「メラニン」に原因があります。

 

メラニンの沈着が起こりやすい要因として挙げられるのが、加齢とホルモンバランスの崩れです。年齢を重ねた女性のお肌にシミが見られるようになるのも、加齢によるメラニンの沈着が原因になっているケースが多いです。デリケートゾーンの黒ずみに関しても、加齢は要因の1つとしてあります。

 

そして、生理や体調を崩したといった理由でホルモンバランスが崩れることで、やはりメラニンの色素沈着が起こりやすくなります。ですから、黒ずみを解消するためには体調管理ありきで対策していく必要があります。

 

原因2 下着による摩擦

デリケートゾーンは、ある意味下着によって守られることになります。逆に、下着は常にデリケートゾーンと接触しているわけですから、どうしても下着からの摩擦が大きくなりやすい部位であるといえます。

 

その摩擦が原因となって、デリケートゾーンの黒ずみが現れることもあります。黒ずみが気になる女性は、化学繊維の下着を着けないとか、タイト感があるジーンズは穿かないなどといった対処が必要になります。

 

 

あそこにも美白は可能

値段は高めになりますが、美容皮膚科クリニックであれば、メラニンの沈着を回避する特殊なクリームを処方し、デリケートゾーンの黒ずみに対応してくれるところもあります。そのクリームは、「ハイドロキノン」や「レチノイン」が配合されることが多いです。

 

また、ニキビ痕の治療などでも知られる「ピーリング」という医療技術をデリケートゾーンに用いる手法によって黒ずみが解消できることもあります。あとは、大胆な方法ではありますが、小陰唇の手術という手法もあります。

 

特に手術の場合、基本的には1回のオペで問題が解決できるわけですから、どうしてもデリケートゾーンの黒ずみの対処をしたい女性には、メリットはあるかもしれませんね。

 

どの範囲でどの程度の対処を実施したいかによって、今はデリケートゾーンの黒ずみの美白方法を選ぶことができる時代になっているのです。

 

 

>>>トップページへ

関連ページ

あそこのニオイが病気を教えてくれるかも!?
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
デリケートゾーンはなぜかゆくなる?原因と対策
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
痛みとニオイを伴うデリケートゾーンのトラブルとは?
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
重曹によるまんこのケアの有効性と危険性
まんこが臭い時の原因と対策法をお伝えします。正しいケアをしないと余計臭くなってしまうデリケートな部位になります。また、市販で買える、人気のおすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。